歯科で行うホワイトニングが今では自宅で出来る

歯科で行うホワイトニングには、通院して受けるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、薬液の効果が薄かったり、マウスピースを付ける時間が長く取れなかったりすると、期待したほど白くならずに終わる可能性もあるということに注意してください。

ちなみに歯並びを矯正する治療を受けている間は、ホワイトニングの同時利用は困難であるともされていますが、状況や手段によっては、この両方を同時に進めることも可能です。

笑ったときに見える歯並びがきれいですとそれだけで見栄えが良くまた雰囲気も違ったものになると思います。

そんな訳で、小さいうちに歯科矯正をして整った口元をつくっておくのが大切です。

まだ乳歯の段階であらかじめ矯正をしておけば、その後、永久歯に生え変わったあとも素敵な口元をつくれるという訳です。

これから人生を健康的な歯で過ごすためにも子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。

矯正期間中の食事制限はどんなものでしょうか。

ざっくり言えば、歯に負担をかける食べ物は避けるのがいいですね。

例を挙げると、煎餅や堅いビスケットなどは歯や顎の負担にもなりますから、食べない方がいいでしょう。

加えて、餅なども歯にくっついてしまって、歯が矯正とは別の方向に動かされてしまうため、食べるのを控えるように注意されることが多くなっています。子どもの頃から歯並びが良くありませんでした。

ですから、歯医者で矯正をしてもらうことにしたのですが、しばらくすると身体のあちこちが不調になってしまいました。

その時は全く矯正のせいだとは思っていなかったのですが、病院の先生によると私はかなり変わった噛み合わせをしていたらしく、歯列を矯正すると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです

歯医者がもっとちゃんと説明してくれれば矯正に慎重になっちたのに、と思うと悔しいばかりです。

歯科矯正を利用する方が年々増えています。

始めてから取り外せるようになるまでの時間は、一人一人の状況によって異なるとはいえ、大体、1年半から3年は、どうしても掛かってしまうのが実情です。

勿論これは個人差がありますから、もっと早く終わる人もいれば、平均より長くかかってしまうケースもありますから、いずれにせよ、歯並びを気にしている方は、思い立ったらすぐに歯医者さんに相談するといいでしょう。

本当に歯科矯正で口内炎になるのでしょうか。

矯正器具を装着したばかりのときは、口内炎に苦しめられる方が多いのは紛れもない事実なのです。

器具の金属部分が口内の粘膜を傷付け、それが口内炎の元になるわけです。

しかし、痛みを和らげる専用のワックスもわります。

日頃から歯磨きなどで口内ケアを心がけることも、口内炎を防ぐ上で大事なことです。

参照サイト
歯のホワイトニングをセルフで成功させる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です